サテライトサイトのページ数 | サテライトサイトの効果を引き出す方法

HOME » 効果的な方法 » サテライトサイトのページ数

サテライトサイトのページ数

本サイトの順位を上げるためにサテライトサイトを作るとして、ページ数はどれくらいにしたらいいでしょうか?
目安となるのが10ページ前後です。
ひとまずはこれくらいを目安に作ってみるといいでしょう。
ページ数の目安が10ページほどになるのは、一般的にそれくらいでも効果があるとされているためです。
そのサイトの品質にもよるのですが、それが悪くなければ、10ページほどのサテライトサイトでも本サイトの表示順位を上げる効果があります。

その効果があるなら、ひとまずはそのサテライトサイトを完成させ、本サイトへのリンクをつけた方が、効果が早くでますから、ページ数はひとまず10ページ前後を目安とし、サイトを完成して運用していくといいでしょう。
あまり余裕がない方など、本サイトではないサイトに10ページの記事を作るのは少し負担が重いこともあるかもしれません。
そのときは記事数を少し減らし、5〜7ページほどにするのもいいでしょう。
こちらも最低限の記事の品質が大事ですが、それが大丈夫なら5〜7ページほどでもサテライトサイトとしての効果が見込めます。

ページ数の目安としてはこのようになりますが、大事なのは作ったサテライトサイトを放置しないことです。
そのサテライトサイト用の新しい記事を作って、その都度追加していってください。
このような対応が必要なのは、放置サイトではサテライトサイトとしての効果がなくなるためです。

現在の検索エンジンは表示されるサイトの品質を重視しており、そのアルゴリズムもどんどん改善されています。
その結果、現在は放置サイトからのリンクはあまり効果がなくなっているのです。
つまりサテライトサイトを作る段階では、それほどたくさんのページ数は無理に必要ないのですが、一度作ったサイトは定期的に更新していく必要があります。

その更新で必要なページ数は、それほどたくさんなくてもOKです。
最低1ページほどでも大丈夫ですから、これまでになかった新しいページを作り、それを追加してください。
これでそのサテライトサイトは放置サイトにはなりませんし、記事を追加すればするほど、サイト全体のページ数が増えていきますから、本サイトの掲載順位を上げる効果も強まります。

なぜなら、サテライトサイトはひとまず10ページ前後という比較的少ないページ数でも大丈夫なのですが、ページ数が多いほど効果も高まるからです。
それを一度に作るのは大変かもしれませんが、定期的に更新して新しいページを追加していくことで、自然にサイト全体のページ数も多くなり、効果も高まっていきます。
そのためまずは10ページ前後を目安として、サテライトサイトを作るといいでしょう。